corsappoi blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) |
うわぁーいい天気だぁ。しかも小春日和。堪らん、自転車に乗りてぇ……。
しかし、こんな日にかぎって某中堅印刷会社の連中がやって来るというのだ。

じつはちょっと久しぶりに仕事を発注したのだけど、電話に出た受付嬢の話によると、担当者が異動になったらしい。仕方がないので担当部署の課長と話をするもチンプンカンプン。どうやら複数の案件を抱えたまま、次の担当者に引き継ぎすらせずに異動した様子だったので、ちょっとプチ切れて一言。
「社内人事はお宅の内部的な事情であって、あくまでも内部的にスムーズに処理すべきことでしょ。客にとっては関係のないことなんだよね。つまり、お宅の内輪の問題が原因で仕事に支障が出るなんて、あり得ないことだと思うわけ! 一般常識的に考えても」
と、ここまで来るとボルテージは急激に加速し、プチ切れからブチ切れモードに突入する。
「つまりそういうことを言い訳にするなんて言語道断なんだよ。しかも担当者が部署換えになったから、どういう状況なのかわかりませんなんて、まともな会社の管理職が言うセリフかね? 大体、こっちから電話してはじめて新しい担当者を挨拶に来させるなんて、ナメられてるとしか思えないんだよね。ねぇ、ウチをどう考えてんの? ナメてんの? そうならそうで、そう言ってくれよ。こっちだってそれなりに考えるからさー」
と、ちょっとプンプン怒ったぞって感じでアドバイスしてみた。そしたら、なんか部長まで連れて、課長とか係長とか元担当とか新しい担当とか電話で応対した受付嬢も一緒に、大挙して「お詫び」にやって来るらしい。ボクとしてはむしろ自転車に乗ってた方が気が晴れそうなんだけど。

気持ちよさそうな青い空を、なぜか虚しい気持ちで見上げつつ、はたして彼らがどんな手土産を持参するのか……なんて小さなことに思い巡らせているのだ。

追記:
紙袋の中身は束見本(つかみほん)だった。雑誌や書籍を作る前には、見積もり内容通りの仕様で製本したサンプルを最初に作る。その目的は、完成したときの雰囲気を想像するとか、背の幅の寸法をとる(書籍のカバーの寸法は、束見本から実測するのが正確)とか。そんなものを10冊ばかり持ってきた。続いて登場したのがDICのカラーガイド。そして竹尾の見本帳セット。最新版である。敵はやる気満々の仕事モード全開である。いや、そんないきなり本気出さなくてもいいんですけどね、もうちょっとまともに仕事してくれさえすればいいわけであって……。
「うん、まあ今回はね、異動ということなんでね、ゴタゴタしてて大変だったんだろうし、ね」とボク。さっきと言ってることが違うんだけどぉ……と自己矛盾をうっすらと感じながらも、やっぱり数の圧力ってのは凄いなと実感。
しばらくの沈黙の後、やおら部長がフローリングの床に正座。一同、躊躇なく正座。取り残されるボク。
部長:「この度は非礼の数々、大変申し訳ありませんでしたぁっ!」
一同:「申し訳ありませんでしたぁっ!」
響きわたる声、そして、その後に訪れる静寂。

直視することさえ痛たたたたただったボクは、傍らで一部始終を見守る愛犬ベルナールの方を見ていた。ベルナールにもこの尋常でない雰囲気は伝わっているようだ。「およっ?」という表情で、ボクと団体さん交互に目配せする。なぜか尻尾も振っている。おバカさん。
「まあまあ、もうお気持ちは分かりましたんで、ね」と返すのがせいぜいだった。
ほどなくしてお引き取りいただくと、入れ替わりでブックデザイナー氏が来た。気分転換も兼ねてデイリーズへ誘う。
道すがら、未だ悶々としたものが拭いきれないその原因を考えていた。あの浪花節的な土下座営業によるものか、もしくは数の圧力という手法によるものか、それとも言うべきことを言い切れなかった自分の不甲斐なさか……で、はっと気づいた。手土産である。ボクはおそらくゼリーやパウンドケーキの詰め合わせなんかをイメージしていたのに、頂戴したものは、すべて紙である。ボクは単に甘いものに飢えていたのだ。
デイリーズに着き、いつものラテと、今日はフレンチトーストを注文した。ボリューム感いっぱいのフレンチトーストを食べたら、すこしは気分が晴れた気がした。
スポンサーサイト
2005.01.18 12:06 | journal | trackback(0) | comment(2) |

まさに「大挙して」なる陣容ですね。

2005.01.18 12:59 URL | 次郎三郎 #ORyjlEF2 [ edit ]

そうです。ついさっきワンボックスカーで到着し、「屋根がどーの……」とガレージで悪戦苦闘している模様。
とても大きくて、膨らんだシルエットの紙袋を受付嬢が持っていたので、期待に胸膨らみます。ワクワクします。とてもあさましいボクです。

2005.01.18 14:44 URL | kuro #- [ edit ]












管理者にだけ表示

trackback URL↓
http://corsappoi.blog3.fc2.com/tb.php/7-320afa00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。