corsappoi blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) |
20050220072537.jpg


あまりにも突然に、悲しい別れが訪れた。我が家の愛犬ベルナールが死んでしまった。この世に生を受けてわずか1年と7カ月という早すぎる死だった。こんなにも悲しい気持ちのままブログに書くべきかどうか悩んだのだけれども、起こったことを詳細に記し、やりきれない気持ちをありのままに綴ることで、すこしは悲しみも癒えるような気がするのだ。こんなボクの独善に付き合えるという人はどうか読んでいただきたい。ダークな気分になりなくないとか、この手の話がつらいという人は遠慮なく読み飛ばしてほしい。あくまでもこのエントリーの記事はボク自身のためだけに書くつもりだ。そのことをあらかじめご了承いただきたい。

18日のこと、ワイフは幼稚園で息子をピックアップしてから吉祥寺に買い物に行くと言って家を出た。ボクは外で打ち合わせするような予定もないので自宅で原稿書き。4時頃になって、ちょうど筆が止まってしまったこともあり、気分転換にベルナールを散歩に連れて行くことにした。いつもと変わらぬコースを、いつもと同じように一時間ちょっとかけて、のんびりと歩いた。いつもと違うことといえば、天気が今ひとつだったために少々寒く感じられたぐらいか。
家に帰り、ベルナールの脚をきれいにしてやってからリビングにあるケージに入れた。ボクはもう一度玄関に戻って、汚れた床やリードを雑巾で拭いてきれいにして、ついでにトイレで用を足した。水洗トイレの水がタンクに溜まり、徐々に静かになっていくと同時に、聞き慣れない音が遠くの方から聞こえてきた。「カタカタカタカタカタカタカタカタ……」と、小刻みに震えるような規則的な音。嫌な予感がして、急いでリビングに向かう途中で「キャイーン!」という苦しそうな叫び声が聞こえた。家の中では絶対に吠えないベルナールが、喉の奥から絞り出すような声で必死に助けを求めているのがわかった。リビングのドアを開けたボクの目に飛び込んできたのは、口から真っ白い泡を吹き、背中を弓なりに反り返らせて痙攣するベルナールの姿だった。
「ベル! どうしたっ!」と叫びながら駆け寄り、ケージからベルナールを両手で抱えて取り出す。と同時に、全身の力が一気に抜けて「だらーん」となってしまった。すべての関節が外れたかのような状態で、舌は垂れ下がり、瞳孔も開いている。口の泡を取り除いて気道を確保し、蘇生を試みる。何度も、何度も、何度も繰り返した。必死だった。「ベル! 戻ってこい! ベル!」と、肺に空気を送り込みながら何度も叫んだ。ボクの言うことなら、どんなことでも従うはずのベルナールなのに……戻ってこない。
時間にして30分ほど格闘しただろうか、無我夢中だったので正確にはわからない。でも、「ありがとうパパ、もういいよ。ボクはもう行くよ」というベルナールの声が聞こえた気がして、ボクも闘うのをやめた。そしてまだ温かい身体をギュッと抱きしめ、「助けられなくてゴメンな」と何度も謝った。ベルナールの発作がはじまってからボクが来るまで、いったいどれくらいの時間が経っていたのだろう。誰もいない部屋で、心臓が止まるのを必死に堪え、ひたすらにボクが助けに来るのを待っていたベルナールを考えると、もう涙が止まらなかった。苦しくて、つらくて、何よりも不安だったに違いない。だからボクが両手で抱きかかえ、ボクの手のひらに包まれたことがわかって、彼はきっと安心したのだろう。命を繋いでいた線がプツッと切れて、そのまま逝ってしまったのだと思った。
ボクは買い物中のワイフに電話をかけ、ベルナールが死んだことを伝えた。ワイフは状況が飲み込めずに「なんで、なんで……」と繰り返すばかりだった。「とにかく急いで帰ってこい。まだ温かいうちに抱いてやれ」と言って電話を切った。買い物を中断し、吉祥寺の東急の前からタクシーを飛ばして帰宅したワイフと息子は、ぐったりとしたベルナールの姿を見るやパニックに陥った。ワイフは狂ったように泣き喚き、自分の身体をボカボカと叩いた。息子は、ボクですら今まで聞いたことのないような声をあげて泣いた。「ベルー! ベルー!」と名前を呼び、泣き崩れるワイフと息子に、ボクはそれまでの一部始終を説明し、親子三人でベルナールを囲んで延々と泣き続けた。

ベルナールはボクの家族の一員だ。ボクの家族は「チーム」という共通認識があるから、ベルナールもそのチーム員として誰もが認めていた。チームリーダーはボク、エースは息子だ。リーダーたるボクが采配をふるい、エースたる息子の活躍のために一丸となる。そのことをベルナールもよく理解していた。たとえば散歩しているとき、ベルナールは常に息子の動きに目を光らせていて、息子がちょっとでも先に行ったり車道にはみ出してたりすると、リードを強く引っ張ってボクに知らせた。一緒に山登りをすればかならず息子の横にピタッと並び、自分は危険な崖側を歩いて息子をガードする。完璧なアシストだった。
息子も息子で、ベルナールの献身的なアシストぶりを理解していたから、とても可愛がっていた。とくに一人っ子の息子にとってベルナールは弟のような存在であり、血のつながった兄弟のように仲が良かった。粗相をしてボクに厳しく叱られるベルナールをかばうのは、いつもきまって息子だった。「ベルもわかったと思うから、もう許してあげてよパパ」なんてセリフを何十回、いや何百回聞いたことか。ボクに隠れてこっそりとジャーキーを与えたりもしていた。気づかないフリをしていたけれど、じつはちゃんと知っていたんだ。でも、彼らが兄弟のように仲良くしてくれるのはボクにとっても最高に嬉しかったから、見て見ぬフリをしていた。
ワイフはボクから見ると間違いなくアシストだと思うんだけど、本人はディレットーレのつもりらしい。でも、餌やりもトイレの掃除もちゃんとやるような、現場寄りのディレットーレのようだ。家族の中で一番甘やかしてくれるのはワイフだったから、三人で一斉に「おいで!」と声をかけると、大概はワイフのところへ走っていった。ワイフは「生後一ヶ月でママと引き離されたんだから、その分、私が甘やかしてあげないと」と言っては、ボクからすると呆れてしまうようなバカッ可愛がりをしていた。
家族の誰もが、真剣に、本気でベルナールと向き合っていた。これから先すくなくとも十年以上は、ずっとベルナールと一緒に歩んでいくつもりだった。もっともっと、一緒にいられると思っていた。だから、ベルナールの死を誰も受け入れられなかった。悔しくて、心残りで、可哀想で、涙が枯れることはなかった。
息子を寝かせてから、ボクとワイフは夜通しベルナールにまつわるさまざまなことを語り合った。なぜこんなにも早く死んでしまったのか、はたしてその短い生涯は幸せだったのか、もっとしてやれることはあったのではないか……。次第に弾力を失い、萎縮していくベルナールの身体を撫でながら、死を現実のものとして受け入れざるを得ない残酷さに幾度も泣き、泣き止んではまた語り合った。答えなど出なかった。

ボクらがベルナールに対して抱いているイメージは、ヤンチャで活発で元気で人懐っこい犬というものだ。いつも楽しそうに動き回り、尻尾を勢いよく振っては、ボクらを和ませてくれる。そういうベルナールの姿をいつまでも忘れずに、できれば鮮明に憶えていたいと思ったから、死んでしまった以上はなるべく早く火葬してしまおうと決めた。だから、今日はベルナールとの最後の夜ということになる。ボクは残された時間を惜しむように、ベルナールの背中を撫でながら添い寝した。


ここまで書いておいて申し訳ないが、今のボクにはこの続きを書く心のゆとりはない。きっと書ける時期がくると思うので、またそのときにでも。
スポンサーサイト
2005.02.19 23:25 | family | trackback(0) | comment(7) |

えっ~~~~~!!!???
まだ、ベルナールに会ってなかったのにー。。。
でも、なんて言っていいかわかんないけど、
ホントに残念です、、、。

うちのMACさん(ビーグル♂享年15歳)
が逝っちゃったときも、まさしくそんな感じでした。もう、歳である程度の覚悟はできてたから。。。

急にこんなことになっちゃうと特に、息子さんがショックだったりするだろうと思うけど、、、、。

早く、思い出を整理して元気がでますように。

2005.02.20 21:23 URL | ルネ #- [ edit ]

えっ?まじですかっ?
去年暮れの元気な姿を思い出すと、驚きを隠せません。
息子さんのことが気がかりです。

2005.02.21 05:39 URL | yottan #qNXjQhIg [ edit ]

悲しいですね。
これほど嘆き悲しまれるご家族の様子から、その一員だったベルナールは
素晴らしく幸せな一生だった事がよくわかります。

2005.02.21 21:05 URL | 及原ムメイ #- [ edit ]

ゆっくり。ゆっくりで浮上して。
御子息も奥方も、そしてアナタも、また日常を上手に泳げますように。
ベルナール君のご冥福を影ながらお祈り致しております。

2005.02.21 21:20 URL | dekikaketa #- [ edit ]

あまりに突然で悲しい別れ。
言葉が浮かびません。

悲しみを乗り越えてまた
歩き出せると信じています。

2005.02.22 00:11 URL | tottoly's #- [ edit ]

生きてマスカー?
ゲンキッスカー?

2005.03.03 15:31 URL | ルネ #- [ edit ]

知りませんでした。
何と申し上げていいのかわかりません。
もう、少しは落ち着かれたのでしょうか。

2005.05.31 00:17 URL | 大鋸 #PWOjPLn6 [ edit ]












管理者にだけ表示

trackback URL↓
http://corsappoi.blog3.fc2.com/tb.php/30-1a3538c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。