corsappoi blog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-) |
Image0021s.jpg

世界中のカンパニョーロオタクどもの巣窟として知られるCampy Only! さんに、こんな恐怖体験リポートが掲載されていた。
いや、犬ならまだいいさ。自分よりも大きい自転車を追いかけてくるわけだから、おそらくは単なる好奇心なのだろうと察しはつく。しかもうまくいけば心を通わせることだってできる。ヤンキーだってまだマシだ。ちょっと脅せば黙って消える。
でも、七面鳥は怖いでしょ。追いかけてくる理由もわからない。仮にこちらを食べ物だと思い込んで追いかけてくるのだとして、はたしてヤツらはどんな動きで攻撃してくるのか、どんな残忍で卑劣なやり方で人間様を平らげようというのか、もう何考えているのかわからないからこそ怖い。しかもヤツらは集団で、ものすごいスピードなのだ。
これを対岸の火事としてとらえていいものだろうか。たとえばカラスの集団、鳩の大集団、最悪イノシシに追いかけられるということはないのか。可能性としては完全には否定できない。明日は我が身かもしれない。
スポンサーサイト
2005.06.06 22:58 | journal | trackback(0) | comment(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。